デリヘルで守るべきマナーとは

デリヘル嬢が嫌いなお客さんとは」でデリヘル嬢に嫌われるお客さんの行動として「ルールやマナーを守らない」と言ったことがあると思います。
その中で、「相手に失礼がないように振舞う」、「相手を見下さない」といった旨もお話ししましたが、デリヘルで守らなければならないマナーとはこれだけではありません。
では、「デリヘルで守るべきマナー」とはどんなものがあるのか見ていきましょう。

デリヘル呼び方マニュアルサイト

デリヘルの呼び方ならココ!デリヘル体験談からデリヘル嬢の本音インタビューまで、デリヘルのすべてがココにあり。

最強!デリヘル呼び方マニュアル

身だしなみを整え清潔にしておく

デリヘル嬢が最もと言っていいほど嫌いなお客さんの特徴は「不潔なお客さん」です。
ではどんな状態が不潔なのかというと

  • 髪がボサボサ、フケがある
  • 服装がだらしない
  • 爪が長く、間にゴミが溜まって汚れている
  • 性器が見るからに汚い、カスが溜まっている
  • 臭い

などです。

まず身だしなみについてなのですが、風俗以外の場面でも、例えば仕事や面接などにボサボサのふけのついた髪の毛で、ヨレヨレのスーツで行ったりしませんよね。
それと全く同じで、清潔にしている、というのは最低限のマナーです。 とはいえ、常に取引先にあいさつに行くようなかっちりしたスーツでデリヘルを呼べというわけではありません。
髪に櫛を通し、ジャージや首のヨレたTシャツなどあからさまに身なりに気を遣っていないような格好を避けるだけでデリヘル嬢からの第一印象は良くなります

次に清潔さについてです。
お客さんの手、というのは当たり前ですがプレイの間デリヘル嬢の身体の至る所に触れます。その手、そしてゴミや細菌が溜まりやすいは常に清潔にしていなければなりません。
爪の間が汚れたまま女性の性器に触れればデリヘル嬢が性病になる可能性が高くなってしまいますし、長い爪で指を入れれば中を傷つけてしまいます。
中々「痛い」や「止めて」を言えないデリヘル嬢もいますが、言わないからといってやっていいわけではありません。デリヘル嬢の身体を大切にしてあげてください

また、男性器が汚いのは場合によってはプレイを拒否される可能性もあります。こちらも性病を移してしまう可能性がありますし、そうでなくても純粋に触りたくないですよね。
中には汚い性器を女性に咥えさせるのが性癖のお客さんもいるそうですが、デリヘル嬢側からしたらただの嫌がらせです。プレイの拒否に止まらず、出禁になるかもしれません。

そして臭いですが、体臭口臭共に自分では気が付きにくい分特に気を付けなければなりません。
話をしている間も、キスをしている間も口からもわっと嫌な臭いがする耐え難いですね。プレイ前には歯磨きをしますから大抵はそれで十分なのですが、前日にニンニク料理など臭いのキツイものを食べていた場合は別です。デリヘルを呼ぶ前日から臭いのキツイものは食べないように気を付けましょう。
体臭も同様に、部屋に入ってハグをしようとしたら「汗臭い」「ワキガ臭がする」何てことになるとデリヘル嬢のテンションもだだ下がりです。プレイ中シャワーに入りますが、デリヘル嬢を出迎える前にも軽くシャワーを浴びて臭いに気を遣うようにしてみてください。それだけでもデリヘル嬢からの印象は悪くなくなります。

高圧的乱暴にしない

以前の記事に付随した内容になりますが、意外とこのマナーを守れないお客さんは少なくないのです。
例えばどんな態度行動が問題かというと

  • 見下してくる
  • 金を払ってるから何をしていいと思ってる
  • あることない事ネットに書く
  • デリヘル嬢が嫌がることをしてくる
  • 痛いプレイをしようとする

といったものが挙げられます。

自分から風俗に来ているくせに「風俗嬢のくせに」と見下して高圧的な態度をとるお客さんは何故かいなくなりません。人を見下すことにとって征服感を得たり、事故承認欲求を高めているのかもしれませんが、対人マナーとしては最悪です。働いている業種が何であれ、相手は「人間」ですから傷つきます

仕事なので嫌だとも痛いとも言いにくいと上述しましたが、それをいいことに嫌がることをしていいわけではないですよね。例えばガシマンをしたり、AVを真似て無理な体勢のプレイを要求したり。デリヘル嬢にとって身体は商品ですから、それが傷つけられてしまえば出勤できなくなりますし、酷い時は慰謝料を請求されることになるかもしれません

そして「金を払っているから〜」というのも全くの見当違いの言い分で、料金分のサービスを受け取っているのですからそれ以上のことを望んではいけません。だからと言って、チップやプレゼントを渡せば過剰要求を呑んでくれるわけではありませんが。

人としてのマナーが守れていればいい

色々とマナーについて解説してきましたが、どれもこれも人としてのマナーが守れていれば特に問題にはならないのですが、お客さんの中にはやはりデリヘル嬢だからと悪い方に特別視していたり、そもそも人としてどうかしている人もいたりするわけです。

デリヘル嬢たちも自営の手段を身につけていますが、そんなことをさせてしまう前に、お客さん側が気を遣ってあげるのがベストですね。