もしもの時のトラブル解決法

初めてデリヘルを使う人だけではありません。デリヘルで遊び慣れている人にもトラブルが起こる場合があります。トラブルが起こりやすい場面やその対処法を知っておくことで、重大な事態を避けることができます。
あなたは危険な遊び方をしていませんか?自身の遊び方チェックリストとしてもご活用下さい。

デリヘルで起こるトラブル例/思っていた女の子と全然違う

デリヘルに限らず風俗では、写真で見た女の子と実際に訪れた女の子が全然違う!というケースもあるようです。写真が加工されているだけならまだしも、別人が来ることもあるという話も聞いたことがあります。そんなときはどうしたら良いのでしょうか?
デリヘルで思っていた女の子と違う子が来た、というのは、お店の対応に問題があります。つい目の前に居るデリヘル嬢に怒りの矛先を向けてしまいそうですが、万が一デリヘル嬢がお店から何も知らされていなければ、デリヘル嬢も被害者のようなものです。そうなっては可哀想なので、怒鳴ったり問いただしたりすることはやめましょう。

トラブル対処法は

  • どうしても納得できなければ「チェンジ」を使う
  • 明らかに別人であれば、お店に問い合わせる

2つとも普通のことじゃないかと思われると思いますが、中には女の子に申し訳がなくて「チェンジ」や「問い合わせ」という言葉を言えない人が多いんです。
その場合は、チェンジや問い合わせをすることを前提として、いかに女の子が悲しまないような言葉をかけられるかが重要です。

  • 「ごめん、俺呼ぶ女の子間違えたみたい」

ここまで気を使わないといけないのか、と思うのではなく、お互い気持ちよく別れるためです。
どちらの場合もデリヘル嬢がお店に電話をすると思いますが、お店から「きちんと言われた女の子を派遣しましたよ」と言われると思います。そのまま話をしていたら「キャンセル料」が発生する場合があるので、お店には「チェンジをしてほしいんですが」と本当のことを言いましょう。
事前に「私は間違えられただけ」と思い込んでいるデリヘル嬢は、まさか自分が本当に呼ばれた上でのチェンジだとは思いません(勘の鋭い嬢なら気が付くかもしれませんが)。
ものは言い方です。同じ出費をするならば、自分の納得した嬢と遊びたいですもんね。

デリヘルで起こるトラブル例/デリヘル業者からしつこく電話が・・・

デリヘルを使うのをためらう人の中には、「電話番号を教えると、悪用されるんじゃないか?」というような不安を持っている人も多いです。実際はデリヘルで起こるトラブルの中で多いというだけで、トラブルの件数自体が少ないのです。しかし自分が絶対にトラブルに見舞われないとは限りません。事前に解決法を勉強しておきましょう。

業者からかかってくる電話の例

  • 「本番行為をしただろう」などの脅し

他にも色々あるとは思いますが、電話のトラブルでは「本番行為」についての内容が大半を占めています。
デリヘル嬢と共謀しているかお店の仕業かは分かりませんが、「無理矢理本番を強要した」という内容で責め立てます。そして損害賠償などを請求してくるのです。

こういったトラブルには

  • 電話に出ない、着信拒否にする
  • 「警察に相談する」という言葉を使って撃退する

そもそも、そういう電話をしてくるデリヘル店というのは、そのデリヘル店自体が違法であったり、悪質であったりする場合がほとんどです。風俗を利用したという、人に言いづらい状況を利用して、優位にことを進めようとしてきます。電話に出ない、着信拒否にするというのは、物理的な遮断です。当然電話がかかってこなくなるので、すぐ対処することができます。
どうしても腹の虫が治まらないという人は、とことん対抗してもよいでしょう。対抗することは推奨しかねますが、「警察に相談する」と言えばあちらも強く言えないはずです。弱みに付け込むデリヘル業者には気を付けた方が良さそうです。

デリヘルで起こるトラブル例/キャンセルできない?

デリヘルで遊ぶ前に起こるトラブルとして多いのが「利用者側の急なスケジュール変更」や「店側のミス」など、ふとしたときの「キャンセル」についてです。デリヘル店によってきちんとシステムが確立している場合もありますが、曖昧になっているデリヘルが多いのが現状です。

キャンセルについてのトラブル例

  • 呼んだデリヘル嬢が来ず「追加料金で別の子を案内しますよ」
  • チェンジで何回も好みでない子を付けられ・・・

呼んだデリヘル嬢がいやに遅いな?と思っていたら、店から電話。指名したデリヘル嬢が急に行けなくなったと連絡が。追加料金を払えばおすすめのデリヘル嬢を付ける・・・というのです。それを拒否すると「ではキャンセル料を1万円頂きます」と追加料金よりも高額な値段を請求してきた・・・という流れです。
明らかに店側の落ち度なのに、キャンセル料を取るなんてひどいですよね。
2つ目は、自然を装おうをしているけど、わざととしか思えない店のやり口です。呼んだデリヘル嬢と全く似ても似つかない女の子が来て、チェンジをします。しかし来たのは最初とあまり変わらないデリヘル嬢・・・。しびれを切らして店に電話をすると、「キャンセルするならキャンセル料を払え」と言われたのです。
一見店の方が的を得た答えを言っているように思えますが、そもそも最初から写真と別の人を派遣すること自体が契約違反なはずです。

こういったトラブルには

  • サイトなどに規定がなければ、「書いていないから払えない」
  • サイトなどに規定があれば、「和解or払わなくてはならない」

このようなトラブルに遭遇したときは、まずパソコンなどでその店のサイトを確認しましょう。
キャンセルの規定などが書いてなければ店側の落ち度ということになります。「書いてなくてもうちではそうなっている」と言われても屈してはいけません。書いてなければ利用者は事前に確認することができないため、このようなトラブル回避ができないからです。
逆にサイトにきちんと規定があれば、払わなくてはなりません。もちろん、上のような詐欺まがいの行為というのはデリヘル側も常識的に考えておかしいということを知っていますから、わざわざ規定に書いていない場合が多いので、払わなくて良いです。しかし下の例のように数回チェンジの末のキャンセルであれば、「チェンジを必要以上にされ、キャンセルされた方はキャンセル料を頂きます」などと書いてある可能性もあります。
今回の「2回のチェンジ」というのが必要以上か否かは、店側が判断することになります。このような場合に限っては、払わなくてはこちらが悪者になってしまいます。

デリヘルで起こるトラブル例/自宅に呼んだら・・・

今までのトラブルに比べると、若干穏やかなトラブルになります。
最近はオートロックのマンションなどが増えており、自宅に呼ばれるデリヘル嬢はまずそのエントランスから中に入らなければなりません。しかしその肝心のデリヘル嬢、ちょっとお間抜けなのか、呼んだ男性を悩ませる行動を取ることがあります。

デリヘルが引き起こすトラブルとは?

  • 大声で店名や源氏名などを叫ぶ
  • プレイ中の声が大きい、配慮がない

デリヘルの店名や源氏名などの多くは、デリヘルだと分かるような名前が付けられていることが大半です。(例:〇〇ガール、〇〇奥さんなど)少し考えれば、そういうことは伏せてチャイムを鳴らすだけだったり小声で話しかけるなど対処をするはずですが、たまに未熟なデリヘル嬢などがやらかしたりします。
マンションで宅配便と同じようなテンションでその名前を叫ばれては、利用者側も頭を抱えてしまうでしょう。
プレイ中の声が大きいというのは、男性が喜ぶと思ってやっているか本当に声が大きい子なのか分かりませんが、防音性の優れた自宅ばかりではないため考慮してほしいものです。隣近所に聞かれていないか不安になりながらプレイするのは、もったいないですね。

トラブル解決法

  • 事前にお店と「来たときの合図」などを伝えておく
  • 「うちの壁薄いから、シー」とプレイ前に伝えておく

デリヘル嬢が店名や源氏名を叫ばないようにするには、電話のスタッフに合図を伝える、もしくは一緒に考えるなどすることで簡単に対処ができます。
プレイ中の声を大きくさせないためには、「ここでは大きい声を出してはいけない」ということをダイレクトに伝えなければなりません。しかし「静かにしてね」だと、今から楽しくプレイしようとしているのに、雰囲気が悪くなってしまいそうです。なのでそんなときは、人差し指を唇に当てて(ってこれはどうでも良いんですが)、「うちの壁薄いから、シーね!」とコミカルに伝えてみましょう